イノベーションの共創 テクノロジーの巨人・米国の北で生まれるディープテックの深淵と日本企業とのパートナーシップ構築

カナダのテック企業がもつグローバル・プレゼンスは一見して大きくはみえないかもしれません。しかしテクノロジーの震源地である米国との相互依存関係の中で、戦略的にイノベーションに投資し、その勢いを着実に強めてきました。Tech Giant に寄り添いながらも吸い込まれないため、様々な垣根を取り払って基礎研究と人材育成に賭けてきたカナダのイノベーション創出手法。この機会にぜひご総覧ください。

大阪

11月18日(月) 10:00〜

インターコンチネンタル
ホテル
大阪 HINOKI

名古屋

11月19日(火) 10:00〜

ヒルトン名古屋
ワン・オー・ファイブ

東京

11月21日(木) 10:00〜

在日カナダ大使館

The Event

2018年、北米で急成長中のテック・カンファレンス「Collision」が、静かにトロントに移動しました。2019年、コンピューター科学界のノーベル賞と言われるチューリング賞に、AI研究の道なき道を歩んできたヒントン氏、 ベンジオ氏、そしてルカン氏の3名が、カナダから選ばれています。来たる2020年には、カナダ・モントリオールのAI集団「Element AI」が評価額10億ドル以上のユニコーン企業になると言われています。

これらは日本のメディアでも広く取り上げられ、「AIに強いカナダ」という認知が広まってきました。しかし、カナダのイノベーションの本質は、別のところにあります。

カナダ大使館は来たる11月18〜21日、イノベーションの苗床をつくる地道な活動に貢献してきたリーダー3名を招聘し、カナダのイノベーションの本質を伝える講演会を開催いたします。同時に、日本に進出しているカナダのスタートアップ企業や、カナダに進出している日本企業にも生の声を伝えていただきます。また東京会場のみの特別ゲストとして、カナダのスタートアップ・エコシステムを実際に訪問し、関係者に直接取材を行った、日経xTECH/日経コンピュータ副編集長の中田 敦氏にもご登壇頂く予定です。

日本企業とカナダとのリエゾン役となる主要13都市の幹部30名も来日し、個別に名刺交換する機会も設けました。カナダとのイノベーションの共創を実現するまたとない機会、ぜひご活用ください。

Organized by

  • カナダ大使館

Supported by

  • JETRO 日本貿易振興機構(ジェトロ)
  • 公益社団法人 関西経済連合会
  • 経団連
  • 中部経済連合会
  • 一般社団法人 海外投融資情報財団
  • 東京商工会議所
  • 名古屋商工会議所
  • 大阪商工会議所
  • 商工中金

The Speakers

カナダの「イノベーションの苗床」をつくる活動に貢献してきたリーダー3名に加え、東京会場のみの特別ゲストとして、モントリオール大学のベンジオ教授他に直接取材を行っている中田 敦氏にもご講演頂く予定です。
この他、日本に進出しているカナダのスタートアップ企業や、カナダに進出した日本企業にも生の声を伝えていただきます。

Anoush Poursartip 氏

ブリティッシュ・コロンビア大学教授。複合材開発にシミュレーションを利用した研究でボーイング社の航空機製造過程にイノベーションをもたらした第一人者。

講演テーマ
「カナダの基礎研究商業化アプローチ:サイエンティストとエンジニアの壁を取り払って『死の谷』を克服するインクルーシブな起業文化」

Goldy Hyder 氏 当初より変更

カナダ・ビジネス協議会(Business Council of Canada)理事長兼CEO。BCCはカナダのビジネス界を代表し、経団連のカウンターパート機関。

講演テーマ
「カナダのビジネス・リーダーシップ文化と、次世代産業育成へのグローバルな取組みにおける日本との親和性」

Richard Blundell 氏 当初より変更

北米有数のイノベーションハブ「MaRS」マネージング・ディレクター。MaRSはグーグル社のスマートシティ構想「Sidewalk Labs」の主要パートナー。

講演テーマ
「自動運転イノベーション・ネットワーク(AVIN)が駆動する産学パートナーシップによる次世代モビリティの枠組みづくり」

中田 敦 氏

日経xTECH/日経コンピュータ副編集長。最新テクノロジー等を研究し、シリコンバレー支局長を4年間務める。著書に『GE 巨人の復活』『クラウド大全』(共著)。

講演テーマ
「シリコンバレーから見たカナダのイノベーション・エコシステム」

Alan Winter 氏

ブリティッシュ・コロンビア州
イノベーション・コミッショナー

Chi-Guhn Lee 氏

トロント大学
工学部教授

Graham Cunliffe 氏

フィンガーフードATG社
チーフ・ストラテジー・オフィサー

Mark Wang 氏

Shopify Japan株式会社
代表

Timetable

大阪

11月18日(月) 10:00〜

インターコンチネンタル
ホテル
大阪 HINOKI

名古屋

11月19日(火) 10:00〜

ヒルトン名古屋
ワン・オー・ファイブ

東京

11月21日(木) 10:00〜

在日カナダ大使館

09:30-10:00
受付
10:00-10:20
Chenier LaSalle 名古屋総領事による挨拶
カナダ13都市連合(CCCA)代表による代表団紹介
10:20-11:15
カナダの製造業現場におけるデジタル化とR&D協力の魅力
基調講演 ① Anoush Poursartip 氏(BC大学教授)
基調講演 ② Chi-Guhn Lee 氏(トロント大学教授)
11:15-11:45
Q&Aセッション
モデレーター Lisa Malin氏(カナダ大使館)
11:45-12:00
Coffee Break
12:00-12:20
日本企業の対カナダ投資トレンドとR&D優遇制度
Asako Kitamura-Redman 氏(PwCカナダ・パートナー)
12:20-12:50
カナダ都市とのパネル・セッション
モデレーター Alan Winter 氏(BC州イノベーション・コミッショナー)
12:50-13:00
閉会の挨拶
13:00-14:30
昼食レセプション
14:00-
カナダ各都市の経済公社代表とのネットワーキング
09:30-10:00
受付
10:00-10:20
Chenier LaSalle 名古屋総領事による挨拶
カナダ13都市連合(CCCA)代表による代表団紹介
10:20-11:15
カナダの製造業現場におけるデジタル化とR&D協力の魅力
基調講演 ① Anoush Poursartip 氏(BC大学教授)
基調講演 ② Nick Malaperiman 氏(Finger Food社 Director)
基調講演 ③ Richard Blundell 氏(MaRS, Managing Director)
11:15-11:45
Q&Aセッション
モデレーター Adriano Vissa 氏(トロント大学 VP, Corporate Partnerships)
11:45-12:00
Coffee Break
12:00-12:20
進出企業の視点
岡部 達哉氏(デンソー社 MaaS開発部 ブロックチェーン開発室長)
12:20-12:50
カナダ都市とのパネル・セッション
モデレーター カナダ大使館
12:50-13:00
閉会の挨拶
13:00-14:30
昼食レセプション
14:00-
カナダ各都市の経済公社代表とのネットワーキング
09:30-10:00
受付
10:00-10:20
Tracy Raynolds カナダ大使館公使による挨拶
カナダ13都市連合(CCCA)代表による代表団紹介
10:20-11:15
カナダの製造業現場におけるデジタル化とR&D協力の魅力
基調講演 ① Anoush Poursartip 氏(BC大学教授)
基調講演 ② Nick Malaperiman 氏(Finger Food社 Director)
基調講演 ③ Richard Blundell 氏(MaRS, Managing Director)
11:15-11:45
Q&Aセッション
モデレーター Adriano Vissa 氏(トロント大学 VP, Corporate Partnerships)
11:45-12:00
Coffee Break
12:00-12:20
シリコンバレーから見たカナダのイノベーション・エコシステム
基調講演 ④ 中田 敦 氏(日経xTECH/日経コンピュータ副編集長)
12:20-12:50
カナダ都市とのパネル・セッション
モデレーター Don Bell トリーズ法律事務所パートナー
12:50-13:00
閉会の挨拶
13:00-14:30
昼食レセプション
14:00-
カナダ各都市の経済公社代表とのネットワーキング

登録締め切り
11月21日(木)

お問い合わせ先
カナダ大使館
JAPANCommerce@international.gc.ca

  • イベント参加費は無料です
  • 日英同時通訳付きです
  • 本ミッションで来日するカナダ主要13都市の政府公社代表との個別名刺交換も実施致します
  • 本イベントはカナダ企業とのビジネス、及びカナダへの直接投資に関心のある日本企業や関係団体等を対象として開催されるものです。主旨にそぐわないと思われる方には、ご参加をお断りする場合があります
  • 東京会場(カナダ大使館)では保安の関係上、事前登録の無い方はご入場いただけません。入場の際に写真付き公的身分証明書(パスポートや運転免許証など)のご提示が必要となりますので、必ずご持参ください
  • 大使館内に駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください

Why Canada

“日本のオープンイノベーションを羽ばたかせるカナダとの連携”

層の厚いAI人材

カナダはGDPの3%以上を研究機関に投資しており(人口比で世界一)、早くからAIのポテンシャルを見出して政府自ら一貫した支援を行ってきました。
「AIのゴッドファーザー」とも呼ばれるトロント大学のヒントン教授を中心としたAI研究者達の活躍もあり、現在カナダ国内では60名の教授、600名超の研究者が、AI研究に従事しています。またAMII、MILA、VectorといったカナダのAI研究所は、今や世界のAI研究を牽引する役割を果たしています。
Google、Facebook、Uber、Samsung、LG、デンソーなどの最先端企業も、トロントやモントリオールにいちはやくAIラボを設立。富士通もAI事業本部を日本からバンクーバーに移転し、カナダのAI人材を活用してソリューション開発を行っています。

尖った
テクノロジ企業群

カナダのテック人材は今や82万人にものぼり、総人口の5%以上を占めるに至っています。優秀なスタートアップ企業が多数生み出され、元来弱かった創業期の資金集めに関しても、米国投資家達の熱い視線を受け、2018年には471件、35億ドル(前年比3割増)のVC資金が投入されています。
こうしたカナダのスタートアップへの投資は、事業会社による戦略投資が4割超を占めており、技術連携や共同サービス展開を志向する日本企業にとってもシナジー効果を得やすい状態であると言えます。
さらにカナダ政府は、Canadian Technology Acceleratorというプログラムを通じ、厳格な審査をくぐり抜けた光るカナダのテクノロジ企業群と日本企業との戦略的連携構築を支援しています。

産学連携に手厚い
政府支援

カナダ政府は高等教育で得た知識を現実課題に応用できる産業人材を育成することに、強いインセンティブを付与しています。そのメカニズムのひとつが、マイタクス(Mitacs)というNGO組織。大学の研究室と企業のR&D部門を繋ぎ、共同研究資金の5割を政府が支援することにより、2020年までに年間1万件の産学連携プロジェクトを形成予定です。教育者側にも企業側にもメリットの大きい好循環システムが、イノベーションの苗床を作り上げています。
カナダ政府はこうした取組みをグローバルに共有することに対しても積極的です。富士通とトロント大学の共同研究はその好例です。またカナダ最大の国立研究所・NRCは、2018年より日本を重点国と位置づけ、連携関係を強化しています。オープン・イノベーションを標榜する日本企業にとって、今が絶好の機会であることは間違いありません。

日本とカナダの
親和性

他文化、多様性の尊重を国のアイデンティティとして掲げるカナダでは、諸外国への対応や連携構築が非常にスムーズです。1970年代から始まった日本企業のカナダへの投資も大いに評価され「長期的な雇用を生み、地域に貢献する日本」というプラスイメージを育んでいます。この流れは近年も拡大傾向にあり、2018年に1200億円を投じたカナダでのRAV4増産を発表していたトヨタは、2019年にレクサス2車種もカナダでの生産を決定。同年、コマツ、クボタも相次いでカナダ国内にサービスや物流拠点の新設を発表しています。
「人材の質」ひいては「工場の質」が高いカナダは、政府支援を受けつつ高度なR&Dを行える環境という意味においても、単純なコストカット以上の戦略的重要性を持っているのです。
さらに日本企業がグローバルに活躍していく中で、自社内外の人材育成をする場としても、カナダは最適な地であると言えるでしょう。

City profiles

カナダ主要13都市紹介

Map

大阪

11月18日(月) 10:00〜

インターコンチネンタル
ホテル
大阪 HINOKI

名古屋

11月19日(火) 10:00〜

ヒルトン名古屋
ワン・オー・ファイブ

東京

11月21日(木) 10:00〜

在日カナダ大使館

  • イベント参加費は無料です。
  • 日英同時通訳付きです。
  • 本ミッションで来日するカナダ主要13都市の政府公社代表との個別名刺交換も実施致します。
  • 本イベントは、カナダへの投資及びビジネスにご関心のある日本企業、関係団体等を対象として開催されるものです。開催の主旨にそぐわないと思われる方には、ご参加をお断りする場合があります。
  • 東京会場(カナダ大使館)では保安の関係上、事前登録の無い方はご入場いただけませんのでご了承ください。ご入場の際に写真付き公的身分証明書(パスポートや運転免許証など)のご提示が必要となりますので、必ずご持参ください
  • 大使館内に駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
カナダ大使館

イベントに参加する

  • 閉じる

登録締め切り:11月21日(木)/お問い合わせ先:カナダ大使館 JAPANCommerce@international.gc.ca